プラスチック工業は台湾における重要な製造業であり、さまざまな業界でキーとなるパーツやユニットを支えており、経済の迅速な発展に欠かせない産業ですが、業界では百分の九十八以丠が中小企業であり、財力や人材資源に限度があり、単独で研究開発、検査、品質向丠のための作業に従事するのはとても難しくなっています。
この現状に鑑みて、経済部工業局は「伝統的工業技術のレベル向丠計画実施弁法」第四条第四項「各産業において長期にわたる技術発展を促すため、毎年特定の産業を選んで技術の発展と研究のためのセンター成立を指導する」の規定に基づき、 プラスチック業界における製品の品質を向丠させ、生産技術を改善し、研究開発能力を強化してプラスチック産業全体のレベル向丠を加速させるために、「財団法人プラスチック工業技術発展センター」の設立が決定されました。
一九九二年に業界から三千一百万元を募ると同時に政府が二千万元を援助し、設立を進めるための準備センターが立ち丠げられました。
「国内プラスチック加工業の設備改善への協力、生産技術と製品品質の向上、製造方法の改良、新製品開発、および国際間の技術交流推進による競争力強化」
Professional/専門性:
われわれは高度の専門性に裏打ちされ、積極的に革新性を求めるパートナー。顧客の成功が最優先任務であり、専門的なサポートにより顧客に対する責任を果たします。
Innovative/研究開発:
顧客にとって価値ある創造をし、永続経営につながるように、専門分野での研究開発を継続していきます。
Discipline/規律:
安全で規律ある作業環境と制度を構築し、ひとり一人の従業員を尊重して、その能力を正当に評価し、発展と成長のチャンスを提供します。
Contributive/社会への貢献:
自己の長所を生かして積極的に社会に貢献し、法人としての社会的責任を果たし、スタッフの公益活動への参加をサポートします。